蛍光(残光)を見せる不思議な貝のカボションです。渦巻き螺旋模様の入った貝のことを、サンスクリットの神様シヴァ神の第三の目に由来して「シヴァアイ」と呼ばれます。生命や不死の象徴とされ、御守として親しまれています。

 

貝の主な成分である炭酸化カルシウムの組成が方解石(カルサイト)や霰石(アラゴナイト)であり、これが蛍光(残光)の要因と考えられます。

貝自体もブラックライトで蛍光するものが時々ありますが、こちらは普通のライトでも光ります。

 

 

縦✕横✕厚み:20.0✕16.6✕6.9mm

重さ:14.8ct

シヴァアイ