天使の翼のような模様を持つセラフィナイトに、世界四大宝石のひとつであるエメラルドを添え、シルク糸でエキゾチックに編み上げました。

 

■セラフィナイト

ロシアのバイカル湖付近で産出される鉱物クリノクロア。​研磨することで出現するモスグリーンと白銀光沢のインクルージョンが翼のように見えるため、最高位の天使『セラフィム』を語源としたセラフィナイトと呼ばれるようになりました。

 

■エメラルド

ベリルの一種で美しい緑色を放つエメラルドは、世界で最も美しい宝石のひとつです。古い歴史を持ち、古代インカやアステカでは神聖な石として崇拝され、古代エジプトでも珍重されていたとされています。

 

天然石下:セラフィナイト

天然石上:エメラルド

紐:シルク(スライド調整可)

装飾:モルダバイト・淡水パール・スターリングシルバー

調節部:スモーキークォーツ

 

 

【シルクについて】

MARUの作品のほとんどはシルクを使用しております。

天然繊維であるため繊細なシルクですが、お手入れをきちんとすることで長くお使いいただけます。

汗を吸いこんだ場合、固くしぼったタオルなどで優しく叩いて落としてください。

水濡れやこすれに弱いので取り扱いにご注意ください。

お手入れの後は風通しの良い場所に置き、直射日光を避けての保管をお願いします。

セラフィナイト×エメラルド/シルクネックレス

    • Instagram
    • Twitter