タンザニアで発掘される美しい天然石タンザナイト。

光源により色味が変化するなど、不思議な多色性の特徴を持つ石で、太陽光では青みが強く、白熱灯では紫が強くなります。

はるか昔、キリマンジャロで発生した山火事が大地を焼き尽くした際、灰の中から熱で変色し青色に輝くタンザナイトを発見したとされています。

 

青から紫への色の変化が繊細な、吸い込まれるようなピースをシルクでなめらかに編み上げています。

 

 

天然石:タンザナイト

装飾:あこや真珠・14kgf

絹糸:青鈍(あおにび)丁字(ちょうじ)

調整:スモーキークォーツ(スライド調整)

紐の長さ:石の中心から約11cmと16cm

 

 

【シルクについて】

こちらの作品はシルクを使用しております。

天然繊維であるため繊細なシルクですが、お手入れをきちんとすることで長くお使いいただけます。

汗を吸いこんだ場合、固くしぼったタオルなどで優しく叩いて落としてください。

水濡れやこすれに弱いので取り扱いにご注意ください。

お手入れの後は風通しの良い場所に置き、直射日光を避けての保管をお願いします。

タンザナイト/シルクブレスレット