樹木のような結晶を内包したデンドリティックアゲート。

ギリシャ語で樹を意味するデンドロンを語源とすることから「永遠に枯れない樹」とも呼ばれています。

水墨画や風景画のような神秘的なその姿は、まさに地球が作り出した芸術作品です。

 

こちらは現在採掘がされていないカザフスタン産の、脈打つような模様が特徴的なものです。

 

 

縦✕横✕厚み:34.8✕18.2✕3.4mm

重さ:15.2ct

デンドリティックアゲート

    • Instagram
    • Twitter