アメシストが成長する際に一度成長が止まり、そこに別の鉱物の結晶が付き、再び成長した時に境目が見えるようになったファントムアメシスト。
ファントムの名は幻影からきており、結晶が成長する物語が見えるような石です。
 
鉄分を含む鉱液と含まないものが繰り返し重なり成長したことで、幻想的な模様を作り出しています。
鉄分により赤みを帯びた部分や、ヘマタイトの内包物がアクセントとなり印象的なピースとなっています。

 

 

縦✕横✕厚み:26.3✕17.3✕7.0mm

重さ:23.75ct

ファントムアメシスト③