鮮やかな青の透け感を感じさせる美しいヘミモルファイトを、爽やかに編み上げました。

ヘミモルファイトは低温下で亜鉛鉱床の二次鉱物として形成されます。白や淡い空色、灰色や褐色などの色があり、こちらのような鮮やかな青のルースは希少なものとなっています。

 

ヘミモルファイトはぶどう状、粒状、繊維状などの形状で成されており、母岩から泡のように塊状の結晶が出ている原石も人気があります。

 

スミソナイトやラリマーともよく似ており、特にスミソナイトはヘミモルファイトと共生していることがあり、アメリカではその両方を「カラミン」と呼んでいたこともありました。

 

※こちらは鑑別済みです。

 

 

天然石:ヘミモルファイト(鑑別済み)

装飾:エチオピアオパール・あこや真珠・カイヤナイト・アクアマリン

絹糸:象牙(ぞうげ)・空色(そらいろ)

調整:クォーツ(スライド調整)

紐の長さ:石の中心から約11cmと16cm

 

 

【シルクについて】

こちらの作品はシルクを使用しております。

天然繊維であるため繊細なシルクですが、お手入れをきちんとすることで長くお使いいただけます。

汗を吸いこんだ場合、固くしぼったタオルなどで優しく叩いて落としてください。

水濡れやこすれに弱いので取り扱いにご注意ください。

ヘミモルファイト/シルクブレスレット

    • Instagram
    • Twitter