シルクマクラメの制作過程

October 18, 2017

シルクを使用してマクラメを編む場合、

滑ったり引っかかったりという難しさはありますが

編み方はワックスコードとほとんど変わりません。

 

今回は、ワックスコードで焼き留めにしている部分を

シルクでどのように留めているのかを中心にご紹介します。

 カボションタイプのペンダントトップ制作過程です。

 

MARUでは現在こうしています、という例なので

人それぞれでやりやすい方法などは変わってくると思います。

各々のやり方の参考程度にしていただければと思います。

 

 フレーム編みはワックスコードと変わりません。

 

タイシルクの注意点

■タイシルクなので緩いと滑りやすいです。

■ささくれ、爪に引っかかります。

■MARUではワックスコードより強めの力で締めて編んでいます。

 

 

制作過程の表と裏はこんな感じです。

タイシルクの光沢が綺麗に出ます。 

 

 

 ここまではワックスコードの編み方と変わりません。

 

 

 ワックスコードでも同じ過程だと思いますが

紐を切る前に強めに締めています。

 

 糸を少し裏側にもってくると、

処理後に綺麗に見えます。

 

 

 カットします。

 

 

 ワックスコードより滑りがいいので、

あまり短く切りすぎると解けることがありますので、気をつけてください。

 

 慣れないうちは1本ずつ処理していくのがおすすめです。

 

 

 MARUで使用している接着剤は、指で押すと熱で白っぽくなってしまうので、

接着剤によっては気をつけてください。

 

 

 ヘラで接着剤を軽くつついて馴染ませ、

後ろに撫でつけて押さえるように留めています。

 

 

 

 同じようにすべて処理してペンダントトップ完成です。

 

 

 

 

 

MARUでのシルク紐を扱ったマクラメ制作の処理過程です。

もっと別の方法などもあるかと思いますが、

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

使用石:ブルーカルセドニー

紐:タイシルク

装飾:カレンシルバー

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

May 24, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索