シルクのお手入れ

July 22, 2018

暑い日が続きます。

湿度も高いのでシルクの作品のお手入れをしました。

 

 陰干しで風通しの良い場所へ。

 

 

天然繊維の絹糸は呼吸をすると言われています。

気温や湿度に敏感に反応する、

まさに「生きている」糸です。

 

MARUマルのシルク作品は家蚕絹100%を使用しており、

なめらかな触り心地と

光沢の美しい上質な糸です。

 

天然のものであるため、色の変化や摩擦など

合成繊維ほどの強さはありませんが、

お手入れをきちんとすることで長くお使いいただけます。

 

汗を吸い込んだ場合、固くしぼったタオルやガーゼなどで

優しく叩いて落とします。

水濡れ、日光、湿気に弱いので取り扱いに注意です。

 

お手入れの後は風通しの良い場所に置き、

直射日光を避けての保管をします。

 

 

 

上の写真では絹糸の状態を確認し

風通しの良い場所での陰干しをしています。

 

 

また、MARUでご購入いただいた作品のルースをそのままに

リメイクも承っています。

その際にはルース料金、オーダー料金などは含まず

工賃等のみで新しいデザインの

シルクジュエリーをお楽しみいただけますので、

お気軽にご相談ください。

 

 

本当に暑い日々が続いています。

無理をせず水分を摂り、

熱中症に気をつけてお過ごしください。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

May 24, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索